離婚で夫が家を売りたくない場合

ご主人側がマイホームを売りたくない、住み続けたい、貸したい、という場合です。

 

夫が家を売りたくないと主張

夫名義の不動産があり、精算して利益を折半したいのに、夫が絶対に売らない!俺が住み続ける!という場合です。

これは本来、売ったと想定して奥様が貰えるであろうお金を払ってね、ということで解決すると思います。例えば、査定に出して、ローンや諸経費を差し引いて、残るであろう金額の半分などです。

しかし、現実にはそう簡単ではありません。

 

貯金がない、金額で揉める

まず、自宅を売却せずに一括でそのお金を奥様に払えるとは限りません。

また、払えるとしても、金額を決めるのが大変です。査定はあくまで査定なので、実際にその金額で売れるかは不明です。査定にも数百万円の幅があるので、どれを採用するかも難しくなります。

 

維持することは無駄

マイホームに子供と親権者が住まないのであれば、売ってしまう方が現実的です。

ひとりでファミリー用の一軒家やマンションに住むことは無駄です。単身者用のアパートやマンションに住んだ方が経済的です。特に光熱費です。

奥様としても、子供がいなければ関係ありませんが、養育費を受け取るのであればご主人の経済状況は気になります。実際に、マイホームにひとりで住み続けて、住宅ローンの返済などで苦しいので養育費が払えないと言ってきたケースもあります。

 

どうして売りたくないのか?

どうして売りたくないのか、よくあるケースをご紹介します。

 

オーバーローンだから売れない

分かりやすいのは自宅を売却しても住宅ローンが残る(オーバーローン)だから売れない、というケースです。どうせ賃貸して家賃を払うなら、このままローンを払って住み続けたい、という考えです。気持ちは分かります。毎月の返済額の安いローンで、中古のマンションなどであればそれも可能かもしれません。ただ、一般的な戸建てなどであれば、無駄です。一番はやはり光熱費です。戸建てはとにかく光熱費がかかります。固定資産税もかかります。そしてローンの金利もかかります。住宅ローンは総返済予定額に対して、いま一括返済をすると将来の金利分が減ります。自分で考えるより、銀行などで相談することが一番です。

 

子供に残してあげたい

家を子供に残してあげたい、子供に帰る場所を残してあげたい、という場合。お気持ちも分かります。十分な養育費を払った上での考えであれば問題ないと思います。ただ、ほとんどのケースでは養育費が十分ではありません。子供のことを考えるのであれば、養育費や進学費用など、成人する前に必要な支援が重要です。

 

なにも考えていない

意外と多いのが、なにも考えていない、別にいまのままで困っていない、というケースです。引っ越すのが面倒、という方もいます。

 

デメリットも多い

お金以外でもデメリットがあります。例えばご主人がいつか交際相手ができるとして、前の奥様が住んでいた家に行きたいでしょうか。未練があると思わる可能性もあると思います。もし再婚するとして、2重に住宅ローンを組むことができないかもしれません。

思い入れのある自宅を手放したくないのかもしれません。ただ、その家に奥様と子供のいない現実は余計につらいと思います。

 

札幌市は賃貸が安い

札幌市は家賃が安いので、ネットで家賃3万円を上限に検索しても2万件以上がヒットします。当事務所での最高は1万円台の家賃のアパートに引っ越した父親がいました。節約して、ちゃんと子供のために養育費などを払いたい、だそうです。逆に家賃8万円のマンションに住んで、お金ないから養育費払えない、という父親もいました。

 

よく話し合って

難しい問題ですが、ご自身のためにも、お子様のためにも、一般的には売却することがオススメです。特別な事情がある場合は、よく話し合うことが大切です。